おいしくて簡単で効果抜群のダイエットレシピ

 

白身魚の利休焼きのレシピ

 

ごまをたっぷり使った和食、利休焼き。

 

家でも簡単に作れちゃいます。

 

しかも、白身魚はヘルシーなのでダイエットメニューにはぴったり。

 

ただ、白身魚は淡白な味なので同じような食べ方では飽きてしまいます。

 

淡白な味は色々な味付けにしっかりなじみますので、様々なメニューに挑戦してほしいなと思います。

 

今回は、ごまをまぶすことで、淡白な白身魚も食べ応えアップ。

 

ボリュームも出ますし、歯ごたえも楽しいですね。

 

ごまにもカルシウムなどの栄養がたっぷり。

 

ダイエットでイライラしているなんて言う人にも是非。

 

では、「白身魚の利休焼き」のレシピを紹介します。

 

白身魚は、たらでも、ヒラメでもカレイでもオッケーです。

 

白身魚は2枚用意します。

 

まずは漬け汁を作ります。

 

酒大さじ1としょうゆ大さじ1、みりん大さじ2分の1を混ぜ合わせます。

 

その漬け汁に白身魚を漬け込みます。

 

次に白ゴマ、黒ゴマを各大さじ2分の1用意して、フライパンで乾煎りして、ごまの香りを出します。

 

小麦粉適量と、溶き卵も2分の1用意します。

 

漬け汁につけた魚を取り出し、水気をしっかりふき取ります。

 

魚に小麦粉、溶き卵、白黒のごまを順番につけていきます。

 

フライパンに油を熱して弱火で魚を加熱します。

 

漬け汁につけていたり、ごまををまぶしているので、焦げやすくなっています。

 

弱火でじっくり焦げないように焼いていきましょう。

 

ごまの粒粒の食感と香りがおいしい利休焼き。

 

ダイエットメニューだけでなく、普段の食卓にもいいですよ。

 

1ランクアップのお魚料理ですね。