おいしくて簡単で効果抜群のダイエットレシピ

 

ダイエットレシピと飽和脂肪酸

 

飽和脂肪酸を知っていますか?

 

ダイエットをしている人にとっては控えたほうがよいものです。

 

飽和脂肪酸は、バターやラード、鶏皮やバラ肉などに多く含まれる脂肪です。

 

つまり、飽和脂肪酸とは動物性脂肪のことですね。

 

バターやラードでもわかるように、常温では固体です。

 

飽和脂肪酸はとける温度というのが高いため、体の中でも固まってしまいます。

 

血液をドロドロにして流れを悪くしてしまうのです。

 

コレステロールや中性脂肪を増やす働きもあるので、飽和脂肪酸が血中に増えて過ぎてしまうと、動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞などになることもあるのです。

 

これらは、生活習慣病といわれるものですね。

 

飽和脂肪酸は、エネルギーや体を作る成分です。

 

しかし、現代人は、食の欧米化などの影響もあり、飽和脂肪酸をとりすぎている傾向にあるといわれています。

 

日本といえば、不飽和脂肪酸の多く含まれた魚を多くとっていたのですが、最近は、飽和脂肪酸の多く含まれた肉を食べることのほうが多いという人は増えています。

 

生活習慣病も怖いですが、飽和脂肪酸をとりすぎることが肥満のもとになっているのです。

 

しかし、飽和脂肪酸もとらなさすぎるのもよくありません。

 

お肌はカサカサになるし、血管がもろくなるので、脳出血などをおこしやすくなります。

 

何事もやり過ぎはよくありません。

 

過剰摂取しないようにバランスのとれた食事を毎日とることが大切です。